Menu

講師 :白井敬尚(しらい・よしひさ)さん

紙面形成における組版の造形の基本原理を、この機会を通じて改めて参加者の皆さんと見つめ直してみようと思っています。
・レタースペースに対する視覚制御の仕方を考える(濃度、面積、空間、距離、軸、音声、書記)。
・書体の選択、情報の構造、線構成、面構成、組体裁など、最小サイズの情報メディアとしての名刺についての考察。
・ページレイアウトの実際(ケーススタディを含む)から。構造、配置によって異なる視覚造形とその意味を見つめる。
・ブック・フォーマットとグリッドの実際。
コンセプチュアルというデザインの根源的な問題をとりあえず横に置き、実際に手を動かしデザインしていく中で考えている事をお話しし、共有したり意見を交わしたりすることができればよいなあと考えています。

●白井敬尚(しらいよしひさ)略歴

グラフィックデザイナー。
1961年愛知県生まれ。株式会社グレイス(宮崎利一チーム、1981–87年)、株式会社正方形(清原悦志主宰、1987–98年)を経て、1998年白井敬尚形成事務所を設立。タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインに従事している。2012年より武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授。
 主な仕事に『書物と活字』(朗文堂、1998)、『EXHIBITIONS』(ggg、大日本印刷ICC本部、2007)、『Tokyo TDC Vol.20』(東京タイプディレクターズクラブ、DNPアートコミュニケーションズ、2009)、ggg「ヤン・チヒョルト」展 アート・ディレクションとデザイン(DNP文化振興財団、2013)、『横尾忠則全装幀集』(PIE、2013)のほか、2005年から2015年にかけてデザイン誌「アイデア」のアートディレクションとデザインを担当した。第673回デザインギャラリー1953企画展「本の知と美の領域 VOL. 1 白井敬尚の仕事」展、日本デザインコミッティー(企画/構成:平野敬子)2011年。ギンザ・グラフィック・ギャラリー第362回企画展「組版造形 白井敬尚」展、2017年。同企画展に併せてggg Books No. 124『白井敬尚 YOSHIHISA SHIRAI(世界のグラフィックデザインシリーズ)』刊行。京都dddギャラリー第219回企画展「組版造形 白井敬尚」展、2019年巡廻予定。