Menu

講師:小宮山博史さん

明朝体活字は、いつ、誰が、なんのために作ったのか。今までの活字史では空白のままで、語られることがほとんどありませんでした。汎用書体としての明朝体がどのような理由で開発され、どのように広まっていったかを、多くの図版を使ってお話ししようと思っています。また、身の回りにたくさんありながら、その存在が意識されないように見せる設計技法についても、いくつかの例字を使って解説しようと考えています。

●小宮山博史(こみやまひろし)〈略歴〉

一九四三年新宿早稲田生まれ。國學院大学文学部卒業。書体研究者の佐藤敬之輔のもとで書体設計と書体史の基礎を学ぶ。佐藤没後研究所を引き継ぎ活動。二〇一九年研究所を閉める。
主な編著に『明朝体活字字形一覧』『日本語活字ものがたり』『本と活字の歴史事典』他がある。

イラストレーション:森英二郎


※再順延日につきましては、詳細が決まりましたら、HP、メール等でお知らせ致します。

  • ● 13:30~17:30(開場13:00)予定
  • ● 四柱(よはしら)神社参集殿 2階大講堂
  • ● 参加費: 一般 2,750 円 / 学生 2,250 円 ※参加費は事前支払いです。(銀行振込)
  • ● 定員: 50名程度(要事前申込)
  • ●申し込み期間: 2020年2月22(土)13:00~6月5日(金)※定員に達し次第締切
  • ●ハッシュタグ: #mtypo07
  • ※SNSでセミナーに関連した発信をする際には、ぜひハッシュタグをつけて投稿してください。

  • ●懇親会
    • セミナー終了後、講師も参加する交流の場として懇親会を開催します。
    • セミナー参加者であれば、どなたでも参加可能です(要事前申込)。
    • 時間:18:30~20:30予定。
    • 会費:1人 4,000円(セミナー参加費と合わせての事前支払いになります。ご協力をお願いいたします。)
    • 〒390-0874 長野県松本市大手4-3-5 TEL: 0263-36-4904
    • ・セミナー申し込み時に、懇親会の参加する/しないを選択してお申込みください。
      選択に間違いがないか、申し込み時によくご確認いただきますよう、お願いいたします。
    • ・未成年の方もご参加いただけます。(未成年の飲酒は法律により禁止されています。)
    • ・セミナー会場から直接移動される方は、スタッフが懇親会会場までご案内いたします。
  • ●申込時のお願い
    • メールアドレスの入力間違いにご注意ください。
    • 携帯電話のメールなどで、迷惑メールフィルターを設定されている場合には、「matsumoto.typography@gmail.com」からのメールが受信できるように設定を変更してください。
    • Gmail、Yahoo!メールなどで、「matsumoto.typography@gmail.com」からのメールが迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性があります。お申し込み後に、入金のご案内が来ない場合には、迷惑メールフォルダもご確認ください。
  • ●申込の流れ
    • ①下記Webサイトの申し込みフォームからお申し込みください。
    • ②お申込みを受付後、振込み金額と振込先を記載した「受付メール」を送信いたします。「受付メール」を受信後、概ね一週間以内に参加費・懇親会費をお振り込みください。
    • ③入金を確認しましたら、「申し込み完了メール」をお送りいたします。
  • ●ご入金後のキャンセルについて
    • ご都合が悪くなってキャンセルする場合は、お早めにメールでご連絡ください。
    • なお、下記日時までにキャンセル連絡があった場合には返金いたします。ただしその際、振込み手数料を引いた額の返金とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
    • ◆セミナー参加のキャンセルと返金について
    • 6/5(金)23:59までのキャンセル連絡につきましては返金いたします。
    • 以降のキャンセルにつきましては原則として返金いたしません(申し込み人数分の諸経費が発生しているため)。
    • ※どなたか代わりにご参加いただくことは可能です(要事前連絡)。
    • ◆懇親会参加のキャンセルと返金について
    • 6/11(木)23:59までのキャンセル連絡につきましては返金いたします。
    • 以降のキャンセルにつきましては原則として返金いたしません(予約人数分をお店に支払うため)。
    • ※不参加から参加への変更につきましてもお早めに連絡をお願いいたします。